歯周病専門医

上野毛駅徒歩1分

〒158-0093 東京都世田谷区上野毛2丁目8-11

お問い合わせ03-3705-2811 電話番号03-3705-2811
歯周病 periodontal 歯周病 periodontal

歯周病|世田谷区上野毛の歯医者「浅野歯科クリニック」​​

当院では、歯周病が進行している患者様に十分なご説明と治療の必要性をお話させていただいております。​

歯周病治療

歯周病は世界一患者の多い「伝染病」と言われています。
初期の歯周病は痛みもないため発見が遅れ、自覚症状が現れた時にはすでに進行が進んでいる場合が多く、早期発見がとても難しい病気です。
糖尿病などの全身の健康にも悪影響を与える病気のため、注意しましょう!​​

こんな症状ありませんか?

歯肉から血が出る 歯肉が腫れた 歯がぐらぐらする よく噛めない 歯がしみる 歯肉の色が悪い 口臭がする 歯ぐきが下がって歯が長くなった 年をとるにつれ歯並びが悪くなった 歯が浮いた感じがする

上記のような症状がある方はすでに歯周病が進行している可能性があります。進行を進めないためにも早めの受診がおすすめです。​

歯周病の進行

歯周病の進行

放置をしているといずれ歯は抜け落ちてしまいます。

歯周病の原因は「プラーク (歯垢)」

歯周病はお口の中に残るプラークが原因の病気です。毎日歯磨きをしていてもプラークを完全に取り除くことはできません。お口に残った歯周病菌は活動をやめることなく、どんどん増殖し全身に悪影響を与えます。

歯周病菌を増殖させる要因とは

口腔環境

  • 不衛生・不正咬合​
  • 乾燥・歯ぎしり

生活習慣

  • 喫煙・ストレス​
  • 不規則な生活

身体状態

  • ​糖尿病・骨粗鬆症​
  • 肥満・妊娠

普段の何気ない習慣や癖などが歯周組織に負担をかけたり、血流を悪くしてしまうことによって歯周病は進行しやすくなります。

◆歯周病が与える影響

歯周病は身体からの影響も受けますが、逆に歯周病が全身に影響を及ぼすこともあります。
お口からの歯周病菌は、血液を通して全身へ運ばれ様々な臓器の機能を低下させます。
それによって、「糖尿病」「早期低体重児出産」「脳卒中」「心疾患・心筋梗塞」「肺炎」などが歯周病と関連のある疾患とされています。​
歯周病を予防することは、全身の健康を保つことに繋がります。
まずは、お口を清潔に保つことから始めてみませんか?

歯周病治療の流れ

step1

カウンセリング

当院では歯周病に関する説明を十分に行い、治療の必要性をお話させていただきます。
歯周病の治療を行う患者様は、かなり症状が進んでいることが大半です。
歯肉が腫れていたり、歯がグラついているなど長期間放置している場合は治療にもお時間がかかります。
患者様にも根気よく通っていただく治療になりますので、気になることや不安などもお気軽にご相談ください。

下向き矢印
step2

診査・検査

全身の状態を問診、歯周組織の検査、レントゲン撮影を行います。​
状態を診て必要がある場合は、投薬やその他の応急処置を行うこともあります。

◆歯周ポケット検査

  • ・ポケットの深さを測定、歯周病の進行具合を調べる
歯周ポケットの深さと状態

3㎜以下…健康 4~6㎜…歯周炎は進行中 7㎜以上…重度の歯周炎

  • ・歯根の形や歯石が付着しているかを確認
  • ・歯ぐきの出血検査

◆レントゲン検査

歯周病が進行すると歯を支える骨が溶けるため、レントゲン撮影をすることで状態を把握します。

◆噛み合わせ検査

噛み合わせの不具合を確認します。

point

歯周病の検査を行うことで、現在の歯周病の侵襲度を把握でき、その度合いによって治療内容を選択し、治療後も安定した状態を保つことができる治療を考えご提案させていただいております。

下向き矢印
step3

診断・治療計画の提示

検査結果を元に、患者様お一人おひとりに合った適切な治療をご提案し、分かりやすくご説明いたします。
患者様と十分に話し合い、同意を得た上で治療計画を検討させていただきます。​
※歯周病で歯を失ってしまった場合は、インプラント治療など失った歯を補う方法をご提案させていただくこともございます。

下向き矢印
step4

歯周病基本治療

歯周病の原因「プラーク(歯垢)」と「歯石」を徹底的に除去していきます。

ブラッシング指導

根本的な原因の元、プラーク(歯垢)を除去します。プラークはすぐに付着し増えるため、毎日のご自宅での正しいケアが大切になります。正しいブラッシングによって、プラークが付かなくなるだけでも歯肉の炎症軽減に繋がります。

ブラッシング指導

スケーリング

「スケーラー」という器具を使い、歯石を除去します。
歯石の表面はザラザラしており、プラークが付きやすく、付着したプラークは落としにくい状態です。
定期的に歯科医院で歯石を除去し、プラークが付きにくい状態にします。

スケーリング

ルートプレーニング

歯根(歯ぐきの中)に着いた歯石をスケーラーを用いて、除去します。
付着した歯石や感染したセメント質を取り除くことで、歯周病の進行を抑制し、改善させることができます。
お口を清潔に保つことが改善への近道です。

ルートプレーニング
下向き矢印
step5

再評価

スケーリングやルートプレーニングなどの初期治療終了後、その治療の効果を判定するための再検査を行います。検査結果を元に今後の方針についてご説明させていただきます。​
※深い歯周ポケットが残っている場合は、歯周外科手術が必要な場合があります。

下向き矢印
step6

定期検診

歯周病は一度改善して終了というわけにはいかない病気です。
健康な状態を保つためには、歯周ポケットのプラークをいかに蓄積させず減少させるかがポイントになります。
プラークや歯石の除去は、ご自宅のセルフケアだけではとても除去しきれません。
そのため定期検診を受け、お口の中を清潔に保つことが重要になります。
当院では検診の際、下記に重点を置いています。

  • ・プラークコントロールの状態チェック​
  • ・歯周ポケットの深さ測定​
  • ・歯石除去が必要な個所のスケーリングとクリーニング​
  • ・噛み合わせのチェック

point

また当院では歯周再生治療にも対応しており、歯周病専門医によるお一人おひとりに合わせた治療計画を元に具体的な治療内容を写真をお見せしながら分かりやすくご説明をいたします。​
歯周病でお悩みの方や気になる症状がある方は、お気軽にご相談ください。

自覚症状があまりなく、早期発見が難しいため誰しもがなりやすい病気です。
放置をしていると歯を失ってしまうだけでなく、全身にまで悪影響を与えてしまいます。 毎日の正しい歯磨きはもちろんですが、定期的に検診に通いプロのケアを受けることで「歯周病予防」に努めましょう!