歯周病専門医

上野毛駅徒歩1分

〒158-0093 東京都世田谷区上野毛2丁目8-11

お問い合わせ03-3705-2811 電話番号03-3705-2811
小児歯科 child 小児歯科 child

小児歯科|世田谷区上野毛の歯医者「浅野歯科クリニック」​

当院では、お子様が安心して通えるよう、心理的なケアを優先的に行います。​

一般歯科

初めて来院されるお子様は、音や匂いなどで強い不安を感じるケースが多く、心理的なケアを優先して緊急性を要する症状以外は、当院にまず慣れてもらうことから始めます。
お子様の将来のためにも幼少期からのケアの重要性を意識いただき、手遅れになる前にフッ素塗布や正しいブラッシングなどで予防しましょう!​

お子様の歯を守るために…​

乳歯は、永久歯に比べて柔らかく、むし歯になりやすい状態です。
お子様は甘いものを取り過ぎてしまう傾向にあるため注意しましょう。​
特に1歳半頃から2歳半頃までの時期が最もむし歯菌に感染しやすい時期になりますので、 ご家族皆さんで協力しお子様のお口の健康を守りましょう。​

むし歯の進行について

成長過程にあるお子様のお口の状態は、大人になるまでの顎の成長や将来的な歯並び、お口の健康に大きく影響します。​
乳歯は抜けてしまうからと軽視せずに、気になることがあれば早めに受診することが大切です。​

当院で行うむし歯予防​

お子様お一人おひとりに合った予防方法をご提案いたします。​
親御さんと一緒にお子様のお口の健康を守れるようお手伝いさせていただきます。​

シーラント

奥歯の噛み合う面にあるむし歯になりやすい溝を接着力のあるプラスチックで未然に埋めることで、むし歯の原因となる汚れが溜まるのを防ぎます。​
拡大鏡

フッ素塗布​

歯の表面にフッ素を塗布し、歯質を強化します。
定期的に塗布することで効果を高めますので、フッ素入りの歯磨き粉を使用するのもオススメです。​
拡大鏡

ブラッシング指導

お子様に合わせた正しい歯磨き方法を指導します。
親御さんには正しい仕上げ磨きやお子様に合った歯ブラシなどもアドバイスさせていただきます。​
拡大鏡

◆ 先生に聞いてみました!

お子様の治療で気を付けていること

将来むし歯や歯周病にさせないために、まずはご両親の指導から行います。小学校に入ったら、お子様自身で歯磨きもできるよう1時間お時間をいただき、ブラッシング指導から行っております。

お子様が怖がった時の対処方法

お子様が怖がらないよう、むし歯になる前からメインテナンスに通い歯医者さんに慣れてもらうことが望ましいですが、それでも難しい場合は数回に分けて通っていただき徐々に慣れさせていきます。

フッ素塗布や歯医者さんに通うタイミング

歯科医院によるフッ素塗布は1歳半から行っています。またフッ素入りの歯磨き粉の使用はうがいができるようになる3歳くらいから行っていただくことがお勧めです。むし歯のリスクはお菓子や口呼吸によるものが大きいため同時に指導が大切になります。​

お子様のお口のことで気になる症状などございましたら、お気軽にご相談ください。