歯周病専門医

上野毛駅徒歩1分

〒158-0093 東京都世田谷区上野毛2丁目8-11

お問い合わせ03-3705-2811 電話番号03-3705-2811
セラミック celamic セラミック celamic

セラミック治療|世田谷区上野毛の歯医者「浅野歯科クリニック」

当院では、金属アレルギーの心配のないセラミック治療を行っております。​

セラミック

歯の色や形、歯並びや咬み合わせなど目的に応じた様々な人工歯があります。
それぞれの機能やご自身の症状や状態に合った素材をお選びいただけます。
以前治療した銀歯が気になる方や歯が欠けてしまったなど、お悩みの方はお気軽にご相談ください。

  • 銀歯が気になる
  • 神経を抜いた歯が黒くなった
  • 銀歯の周りに黒ずみ
  • 歯が黄ばんできた
  • 差し歯が変色してきた
  • 口元に自信が持てない

当院で扱う被せ物(クラウン)の種類

ジルコニアセラミック​

ジルコニアセラミック​

オーダーメイドで色調の調整ができ、審美性・耐久性に優れている素材。​

150,000円~000,000円

オールセラミック

オールセラミック

金属を一切使用していない、審美性の高い素材。
変色せず、プラークが付きにくいのが特徴。

135,000円~000,000円

メタルボンド

メタルボンド

金属の表面にセラミックを焼き付けた素材。
内側が金属のため割れにくく、ほとんどの場所に使用可能。

135,000円~000,000円

ラミネートベミア

ラミネートべニア​

爪型のセラミック素材。隙間などを整え、歯の形のねじれや摩耗、奇形歯を修正でき、形や大きさを調整できる。

00,000円~00,000円

PGAクラウン​

PGAクラウン​

高カラットの白金加金を使用。
天然歯に近い硬さで、生体親和性が高い素材。

120,000円~000,000円

合金(金銀パラジウム)

合金(金銀パラジウム)

一般的にむし歯の被せ物として使用される、いわゆる「銀歯」。
歯ぐきの黒ずみや二次的なむし歯にも繋がりやすい。
保険内のため比較的安価。

※保険適応

むし歯治療で歯を削ったり、何らかの理由で歯が欠損し、そのままの状態では被せ物が被せられない場合には、人工の土台(コア)を使用し補います。
当院ではコアも数種類ご用意しております。​

ファイバーコア

ファイバーコア

ガラス繊維強化樹脂(ファイバー)の芯とプラスチックでできた素材。弾力性があり、割れにくい。審美性に優れ、再治療の際も歯に負担をかけずに比較的容易に行える。

00,000円~00,000円

ゴールドコア

ゴールドコア

金でできた素材。適合性に優れ、むし歯になりにくいのが特徴。歯の根よりも硬い。

00,000円~00,000円

シルバーコア

シルバーコア

銀合金でできた素材。硬すぎるため、金属のくさび効果によって歯が割れてしまうことがある。
オールセラミックの冠には向かないが、安価。

※保険適応

当院で扱う詰め物(インレー)の種類

ジルコニアセラミック​

ジルコニアセラミック

金属を一切使用していないため、アレルギーの心配がない。
強度が高い材質のため、歯ぎしりや咬む力の強い方にオススメです。

インレー:¥95,000~00,000円 
アンレー:¥105,000~000,000円

オールセラミック

オールセラミック

金属を一切使用していないため、アレルギーの心配がない。
審美性の高い素材で変色せず、プラークが付きにくいのが特徴。

インレー:¥75,000~00,000円 
アンレー:¥85,000~00,000円

ゴールド

PGA

高カラットの白金加金を使用。
天然歯に近い硬さで、生体親和性が高い素材。

インレー:¥70,000~00,000円 
アンレー:¥90,000~00,000円

ハイブリットセラミック

ハイブリットセラミック

セラミックと硬化レジン(プラスチック樹脂)素材の詰め物。
審美性が高く、金属アレルギーの心配がないのが特徴。

00,000円~00,000円 
※大きさにより変動あり

合金 (金銀パラジウム)

合金 (金銀パラジウム)

いわゆる「銀歯」。
二次的なむし歯になりやすく、金属アレルギーの心配がある。保険適応のため、比較的安価。

※保険適応

むし歯の大きさやお口の状態などによって、様々な種類の素材からお選びいただけます。
治療内容によってご提案させていただき、患者様とご相談の上、ご納得いただいた上で治療を進めてまいりますのでご安心ください。​

被せ物・詰め物の治療の流れ

step1
カウンセリング
患者様のお悩みやご希望、現在使用している被せ物や詰め物についてお伺いさせていただきます。
様々な種類がありますので、治療法なども含めご提案いたします。
下向き矢印
step2
診査
レントゲン撮影や歯周ポケットの診査などを行い、根本的な病気の有無を確認します。
下向き矢印
step3
診断・治療計画
診査結果を元に治療計画を立てていきます。むし歯や歯周病といった症状が見られる場合は、適切な処置を行い治療を行います。症状やご希望、素材、治療期間、費用など詳しくご説明させていただき、ご納得いただいた上で治療に入ります。
下向き矢印
step4
歯型採取・歯の形成
被せ物や詰め物の歯型を採取します。また型取りをせずに行える程度の場合は、詰め物を行います。
下向き矢印
step5
作製
採取した歯型を元に詰め物や被せ物を作製します。
下向き矢印
step6
装着
出来上がった詰め物や被せ物を装着します。
色や形、咬み合わせなどご確認いただきます。ご満足いかない場合は、具体的に気になる部分をお伺いし、調整を行っていきます。
下向き矢印
step7
メインテナンス
被せ物や詰め物には保証期間があります。
また欠けたりする場合もありますので、定期的にメインテナンスに通うことで良好な状態を保つことが大切です。

point

​当院ではカンファレンス時に詳しい説明をさせていただいております。
様々な治療素材があり、それぞれの利点や欠点もあるため、患者様のお口の状態やご希望に合わせてご提案いたします。まずは、ご相談ください。