詳しい治療法の解説 歯周病

歯周病に関する詳しい資料をご用意しておりますので、ご来院の際はお気軽にお申し付けください。

歯周病とはどんな病気?歯周病の実態

『歯周病』という言葉を、ここ近年、テレビ等でよく耳にしますよね。
どうして『歯周病』がこれだけ騒がれているのでしょうか?
そんな中、『歯周病』について、意外に知らない方が多いと思います。
ここではまず、『歯周病とはどんな病気』かをお話します。

 

歯周病チェック 下記のような症状の方は『歯周病』の可能性があります。

歯肉から血が出る・歯肉が腫れた・歯がぐらぐらする・よくかめない・歯がしみる・歯肉の色が悪い・口臭がする・歯茎が下って歯が長くなった・年をとるにつれ歯並びが悪い・歯が浮いた感じ

歯周病とは『歯ぐき』と『歯を支えている骨』の病気です。

歯周病の原因は『歯垢しこう(プラーク)』です。歯周病とは、歯の表面に付着した『歯垢(プラーク』の中にいる『歯周病菌』が、歯と歯肉の間に入り込み、歯を支えている組織(骨などに)炎症をもたらす感染症です。歯肉炎、歯周炎などを総称して『歯周病』といわれています。

歯周病の症状と進行の様子 図

歯周病で溶けてしまった歯槽骨は『元に戻らない』

このように歯周病の症状が進行すると、歯を支えている『歯槽骨』が溶けてしまいます。

歯槽骨が溶けてしまうと…
・歯槽骨は元には戻らない(現在では症状により再生療法で可能な場合もあり)
・歯槽骨を削ってつめるなど、補修することができない
・歯が抜けてしまう

よって歯周病は放っておくと、最終的には歯を失ってしまうことになるのです。

歯周病になったことに『気付かない』

初期の歯周病は、『痛み』を伴いません。

ほとんどの方は『歯医者は、歯が痛くなったら行くところ』という概念をもっているため、この段階で歯医者さんには行きません。自覚症状が現れたときには、すでに症状が進んでいる場合が多く、早期発見が非常に難しい病気なのです。

歯周病は世界一患者の多い『伝染病』

これを患者数に換算するとなんと3700万人以上。(平成17年歯科疾患実態調査と平成19年3月総務省統計局人口推計月報から推定値を計算)さらに歯周ポケットは4mm未満でも、『出血がある』とか『歯石がある』などの軽い歯周病の人を加えると、15歳以上の有病率は74.12%、患者数は8000万人以上にもなるのです。 このような様々な理由から、『歯周病』とは、歯を失ってしまう可能性が最も高い、大変怖い病気なのです。

ページ上部へ戻る

インターネットでのご予約・お問い合わせ
ご予約・お問い合わせフォーム
お電話での予約・お問い合わせ
03-3705-2811

上野毛浅野歯科クリニックでは、お待たせすることを出来るだけ少なくするために予約制とさせていただいております。

ホワイトニング歯科審美歯科・歯周病治療した症例

上野毛浅野歯科クリニックの診療科目

歯の詳しい治療法

各種症例紹介はこちらをクリック

診療時間

月〜金:9:00〜13:00、14:30〜20:00 土:9:00〜13:00、14:30〜18:00 休診日:日曜日・祝日

アクセスマップ

浅野歯科クリニックの地図(東京都世田谷区上野毛)

上野毛 浅野歯科クリニック
〒158-0093 東京都世田谷区上野毛2丁目8-11
電話番号:03-3705-2811
東急大井町線 上野毛駅より徒歩1分
【駐車場あり】


歯医者ブログ 採用情報 浅野歯科モバイルサイト 東京都歯科医師会 澤本歯科医院