レーザー治療について

レーザー治療について

レーザー治療器

浅野歯科クリニックでは、痛みの少ない治療を実現するためにレーザー治療器を導入しています。
虫歯治療や歯周病治療はもちろん、知覚過敏や口内炎の緩和、歯ぐきの黒ずみの除去などの審美歯科治療にも用いることができます。
レーザー治療では出血が抑えられるため、治療部位がしっかりと確認でき、より正確な治療が可能となります。また、患部に直接触れずに治療が行えるため、感染症防止対策としても有効です。レーザーの菌を除去する効果で、処置後の早い治癒も期待できます。

レーザー治療は痛くないの?

歯医者で使用されるレーザー装置は、痛みが出ないようにコントロールして使うことができます。
レーザーを使用すると、歯を削るときの振動や削る音が無いため、不快感や恐怖心を大幅に軽減できます。また、麻酔の使用が少なくて済んだり、症状によっては麻酔を使用せずに治療することも可能で、麻酔注射による痛みや不快な思いを減らして治療をすることができます。

患者様の状態に合わせて適切に使い分けておりますので、レーザー治療についてわからないことや不安なことがありましたら、お気軽にご相談ください

レーザーでできる歯科治療

歯周病の治療
歯周病は、そのまま放っておくと歯が抜けてしまうこともあります。レーザー治療では、歯と歯茎の間の溝にレーザーの光をあてて歯周病菌を除去します。レーザーの光をあてることで、歯周病の原因となっている細菌が急激に減り、出血や痛みを抑えます。そのため、早期治療が可能となります。
※ブラッシング指導や歯石除去等、他の歯周病治療と併行してレーザー治療を行なうと、より効果的です。
知覚過敏症の治療
知覚過敏症は、虫歯がないのに、冷たい飲み物を飲んだときや、歯ブラシをあてると歯がしみる症状のことです。 これは、象牙質表面に歯の神経につながる穴が開いていて、神経が刺激されるのが原因です。 知覚過敏症をレーザー治療することで、歯の表面に薄い膜ができて穴をふさぎ、歯の神経を保護するため、痛みや歯がしみたりすることを防ぐことができます。
歯茎の黒ずみ除去
レーザー治療器は審美治療的な効果もあります。歯茎の黒ずみは、メラニン色素の増加や金属イオンの変色などが原因です。黒ずんでしまった歯茎に一定時間、数回の照射をすることで、メラニン色素や金属イオンなどを蒸散し、新しい歯茎を再生させます。
口内炎の治療
お口の中や、唇にできる口内炎や口角炎の痛みは、レーザーですぐに和らぎ、治りも早くなります。 入れ歯があたって口内が傷ついた箇所にも効果があります。

ページ上部へ戻る

インターネットでのご予約・お問い合わせ
ご予約・お問い合わせフォーム
お電話での予約・お問い合わせ
03-3705-2811

上野毛浅野歯科クリニックでは、お待たせすることを出来るだけ少なくするために予約制とさせていただいております。

ホワイトニング歯科審美歯科・歯周病治療した症例

上野毛浅野歯科クリニックの診療科目

歯の詳しい治療法

各種症例紹介はこちらをクリック

診療時間

月〜金:9:00〜13:00、14:30〜20:00 土:9:00〜13:00、14:30〜18:00 休診日:日曜日・祝日

アクセスマップ

浅野歯科クリニックの地図(東京都世田谷区上野毛)

上野毛 浅野歯科クリニック
〒158-0093 東京都世田谷区上野毛2丁目8-11
電話番号:03-3705-2811
東急大井町線 上野毛駅より徒歩1分
【駐車場あり】


歯医者ブログ 採用情報 浅野歯科モバイルサイト 東京都歯科医師会 澤本歯科医院